脇をきゅっと締めていれば、脇からのにおいも漂いにくくなる?

わきが豆知識

体の中でも、特に脇からは、強いにおいが漂うところです。

脇には、ワキガの原因であるアポクリン腺が集中しているからです。

脇に汗をかくほど、強いにおいが目立つようになるのです。

すると、次のような対策を思いつくことがあります。

「脇をきゅっと閉めれば、脇からのにおいも外に漏れないだろう」と。

たしかに一理ある、アイデアです。

脇をきゅっと締めていれば、脇からのにおいも漂いにくくなるでしょう。

しかし、あまりこれはおすすめしません。

 

脇を締めることで、通気性が悪くなり、脇の温度や湿度はどんどん上昇します。

湿度が上がることにより、細菌は繁殖しやすくなり。脇は蒸れ余計においが強くなってしまうのです。脇のにおいは、汗が原因です。汗を抑えたいのであれば、通気性をよくすることがポイントです。

むしろ、脇は少し開けておくようにしましょう。少しだけ脇を空けておくと、空気の通りがよくなります。

空気の通りがよくなればなるほど、脇の温度も下がり、汗をかきにくくなります。においの分子が分散しやすくなるため、においが抑えられるのです。

大げさに脇を開ける必要はありませんが、気がついたときに、腕を上げたり、脇を開けたりするクセをつけると、脇の風通りがよくなり、空気がこもりにくく、湿気が上がらないようになります。

アポクリン腺から出た汗は、常在菌によって独特なニオイを発生させてしまうので、菌を繁殖させない環境を作ってあげることが大事なのです。
風通しが良くなれば汗をかきにくくなり、菌の繁殖も抑えられるので、ニオイを減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました