出産後にスソワキガになることってあるの?!

わきが豆知識

多く見られます。実は、妊娠、出産後にスソワキガに悩む女性は意外に多く、恥ずかしくて相談できないでいたり、対策を取れないで困っているという人が多くいるのです。

元々体臭が強い、ワキガだった、というわけではないのに、出産後にスソワキガになってしまうのは何故でしょうか。

実は、汗の質や量、ホルモンバランスの乱れが影響しているのです。

妊娠中は、妊娠していない時に比べて、ホルモンのバランスが非常に不安定な状態にあります。また、妊娠しているという体の状態から、知らない間にストレスをため込んでしまっていることも。

すると汗腺から分泌される汗や脂肪酸のバランスも崩れ、においの原因となってしまうのです。

さらに、出産後も同じように、ホルモンバランスは崩れてしまっていますし、出産後の体調不良やストレス、育児といった生活の変化から、スソワキガの原因となる臭いを作りだしてしまうのです。

 

妊娠後にスソワキガが気になる原因

食生活の変化

妊娠前はそうではなかったのにつわりでポテトや塩辛いものが食べたくなる、というのはよく聞く話です。食べ物の偏りで汗腺や皮脂線が刺激されてしまいます。

汗をかきやすくなる

赤ちゃんと羊水の重さで身体が重くなり、汗をかきやすくなります。すると、下着が蒸れやすくなります。

悪露・おりもの

出産後に、膣の中に残っている胎盤の残り物などを悪露といいますが、こうした物が原因で、雑菌が繁殖してしまう事も。

また、悪露用のナプキンの蒸れも、スソワキガをひどくさせる要因ですから、十分に清潔を心がけ、こまめに取り替える必要があります。

矯正下着の使用

産後体型のために使用される矯正下着ですが、締め付けがきつかったり通気性の悪いものだと雑菌の繁殖が進んでしまいます。

ストレス

妊娠後、ストレスで交感神経が過敏になることも。ストレス性の汗は余計臭いをきつくしてしまいます。