ワキガと刺激物の関係

わきが豆知識

ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺です。アポクリン腺がワキガの臭いの元となる成分を出すのです。つまり、アポクリン腺を刺激する食べ物を摂取するとワキガがどんどんひどくなるのです。

 

辛い物を食べると汗をかきます。

その汗もシャワーを浴びるなりして処理をしてしまえば、老廃物が洗い流されて逆に清潔になる様な気がしますよね?
確かに辛い物を食べて汗を流すことで毛穴に詰まった余計な老廃物を除去することが出来ますから、そういった点ではワキガに効果がある様な気がします。

しかし、ワキガの根本的な原因であるアポクリン腺を刺激してしまう食べ物を摂取すると、ワキガがどんどんひどくなるのです。

 

アポクリン腺を刺激する代表的な物として香辛料があります。

具体的には、“カレーなどの香辛料が大量に含まれている食材”、“キムチなどの辛い料理”

です。
表面的な部分だけ清潔になっても、根本的な部分のワキガ臭の活動が盛んになってしまっては意味がないどころかマイナス効果になってしまいます。
ワキガの原因は表面的なものだけではなくて、内部的なものにも原因がある事を良く知ってください。ワキガの原因であるアポクリン腺に刺激を与えない事が大切なのです。