古い衣類は洗うよりも買い替えよう!

わきが豆知識

服や下着にはたくさんの細菌が付いているのですが、それは殆ど洗濯をすると臭いがしなくなります。太陽の下で干すと、物凄くお日様のニオイがしますよね。

あれで洗濯した気分になっているのですが、実は服や下着は着れば着るほど体内の皮脂、垢を付けるためどんどん劣化していきます。

 

服や下着の汚れは、洗濯すればキレイに落ちます。と言いたいところですが、実際は違います。

ある程度は、きれいに落ちます。といったほうが正確でしょう。

洗剤のパワーによって、汚れや微生物を落としますが、あらゆる汚れを完全に落とせるわけではありません。布の細かい繊維までこびりついた汚れや微生物までは落としきれず、強力な洗剤の力を使っても、わずかに残ってしまうのです。年々、洗剤の改良によって汚れや微生物を落とす力は強くなっていますが、それでも限界があります。

もちろん汚れの大半が落ちているので、私生活では何も問題ありません。見た目もきれいですし、ニオイも残ることはありません。しかし、問題となるのは“長時間”使い続けたときです。

 

同じ服や下着を何カ月も使い続けると、洗剤では落としきれない繊維の奥の汚れが、だんだんたまってきます。

その結果、キレイに洗ったつもりの服や下着でも、汗を少しかいただけで、臭いやすくなるのです。

下着ですから、外からは汚れは見えませんが、においやすくなるのは問題ですね。

お気に入りの衣類は、いつまでも使い続けたいと思うものですが、衛生面や体臭予防を考えれば、いつまでも使い続けるのは、無理があるのです。

一定期間使い続けた服や下着は、洗うよりも買い換えたほうが得策です。

服は見た目の綺麗さではなく、どれだけ着ているかが大事です。いくらキレイに見えても、洗濯した回数が多ければ多いほど、体臭の元になる原因があるのです。

衣類は、すべて消耗品です。特に直接肌に触れる下着は、買い換えのサイクルを短めにしましょう