腋臭・多汗症治療の実際

わきが豆知識

多くの美容外科クリニックで行われています 腋臭・多汗症治療に本当に満足された結果になっている患者様はどのくらいの割合でしょうか?

いわゆる美容整形と違い 顔や体の形状変化に結果を求めるわけではありません。

多くの美容外科クリニックでは手術が行われていますが、効果と傷跡は相反すること。

ほとんど傷跡が残らないで完治するような手術方法は残念ではありえません。

腋臭・多汗症手術は実は・・・・・

植皮と同じほど大掛かりな手術で本来、術後は安静が大切で患部は、ダブルタイオーバーというガーゼを皮膚に縫い付け剥がした皮膚がずれないで母床に生着するようにしっかり固定が必要になります。
最低1週間 理想的には2週間 必要な処置なのです。

美容外科の外来ではここまでの手術は実際 行えないのが現状です。

ですから、簡単に手術できる 傷跡がきれいになる 日常生活がすぐにできる ということは全くの 事実とは異なることなのです。

安易に手術を受け全く効果がなかったか、酷い傷跡が残り悩んで相談にご来院されます患者様が少なくありません。

腋臭・多汗症手術は術後の経過も 粉瘤という状態が起こったり長期間 腋の皮膚が引き連れた感じが残ったりすることも少なくないのです。

これほどのリスクがある手術にもかかわらず情報提供が患者様へ行われていないように感じます。

壊死のリスクもあらゆる美容外科手術の中では断トツではないでしょうか。

この大きなリスクもほとんど患者様に伝えられていない。

暑いシーズンが始まりますが、 腋臭・多汗症に悩む方々へ正確な情報とお伝えしていきたいと考えます。