デオドラントスプレーのスソ部分への使用

わきが豆知識

市販のデオドラントスプレーを使用することにより肌トラブルの元になるのでおすすめできません!

理由

1.殺菌力が低い

デオドラントスプレーは、脇の制汗作用を目的として作られています。そのため、殺菌力は低いのです。そのため制汗・殺菌の両方が必要なワキガ体質の方には消臭効果が低く、有効とは言えないのです。

 

2.持続力がない

デオドラントスプレーは液体を散布して汗腺を塞ごうとしますが、汗腺が塞ぎきれずに汗やニオイが漏れてしまう可能性がある上、汗によって液体は流れ落ちやすいためスプレーでは効果の持続が短いのです。

3.香料によってニオイが悪化

スプレーには様々な香りつき商品がありますが、これがスソワキガのニオイと混ざると更に悪臭になることもあります。スソワキガのニオイを香りで誤魔化すのは逆効果です。

 

4.成分による肌トラブル

薬局で売られているスプレーの成分を見ると、酸化亜鉛混合物Vやβ-グリチルレチン酸といった成分が含まれているものが多く、敏感肌の方が使用した際に肌トラブルになる可能性が高いと言われています。

 

ほとんどの製品には、「顔や粘膜への使用は避け、除毛直後や傷等異常のある場合は使わない」と記載しており、性器は粘膜で形成されているため使用すべきではありません。

デリケートゾーンと言われるほど、女性の陰部部分はとても繊細で、脇や他の部分に比べ、弱いです。そのため、製品に含まれる成分によっては炎症になってしまうケースも少なくありません。それにより、黒ずみや皮膚炎も引き起こしてしまうのです。

 

タイトルとURLをコピーしました