どうしてスソワキガになるの?

わきが豆知識

ワキガとスソワキガの臭いの原因は全く同じです。

そして、スソワキガの臭いの原因はたった一つです。

それは「特定の汗と皮膚の雑菌が混じることによって、異臭が発生してしまう」ということです。
その酸化された汗がスソワキガ特有の嫌な臭いを発生しているのです。

人間にはエックリン腺とアポクリン腺という汗腺の2種類があります。

エックリン腺から分泌される汗は比較的サラサラしていて体温が上がってしまった時に体温を下げる為に体温調節のために分泌されるごく一般的な汗です。この汗はほとんど水分でできているので臭いはありません。

一方、アポクリン腺から分泌される汗がスソワキガの原因となります。

このアポクリン腺という汗腺は、陰部のほかに、脇の下や乳首、耳の中などの限定された部位にのみあります。スソガの原因の汗といっても分泌される汗自体は無臭です。

しかしこの汗の成分には臭いの原因となる成分のアンモニアや尿素や脂肪などが含まれています。

アポクリン腺からの汗が分泌されて皮脂と混ざり合い、皮膚の常在菌によって分解され、酸化されることで独特な異臭を発生させます。

 

つまり、スソワキガの原因は陰部のアポクリン線からでる汗にあるということです。

また、スソワキガになる人と、ならない人の違いはアポクリン腺の量になります。

スソワキガの原因であるアポクリン腺は人それぞれ量が違います。ですので、アポクリン線が多い人がスソワキガになりやすく、少ない人はスソワキガにならないということです。

アポクリン線の量は、遺伝で決まることがほとんどとなっています。

スソワキガとワキガの原因は同じですので、両親のどちらか、または両方がワキガの場合は高確率でワキガやスソワキガが遺伝することとなります。

タイトルとURLをコピーしました