こんなにも違う!外国人のワキガへの意識

わきが豆知識

脇汗が気になるのは、日本人だけでなく外国人も同じです。

それでも人種により脇汗の量やワキガ体質には違いがあります。

 

日本人のワキガに対する意識はかなりのものですが、外国人は『ニオイ』をさせながら生活しているように感じます。

自分の体臭と香水を上手く組み合わせて魅力を演出している方がほとんどです。ワキガがフェロモンだったという話からすると、当然のことのようにも感じられますね。

そのため、体臭には過敏ですが、『ワキガ』という概念はないそうです。
ですから、ワキガで病院に行くことや、手術を考える人はいません。
やはり多くの方がワキガだからと言えるのでしょう。ワキガの原因は、体質なのです。

 

日本人とすれば、キツイ体臭は嫌だと感じる人がほとんどですが、「ニオイ」自体が嫌いな国としても有名だとか。

ワキガレベルが強烈であることも少なく、外国人から見れば気にならない程度なのですが、日本人は毎日入浴する習慣や潔癖な国民性であることが、臭いに対する嫌悪感を向上させてしまっているのです。

海外に行ってしまえば、ワキガや多汗症の人も余計なケアを気にせずに過ごしやすくなるのですが、日本に生まれてきた以上、多汗症やワキガ体質を改善させないとコンプレックスを抱えながら生活しなければなりません。

 

外国人に習う臭い対策とは?

ワキガや多汗症の割合が多い外国ではデオドラントも高レベルと言えます。

日本で極度のワキガ体質に悩む人は、高度技術、高成分の体臭防止効果のある海外製のデオドラント製品を、通販で購入している方も多くいらっしゃいます。

しかし、日本人の体臭レベルや肌質に合っていないなど様々な問題点があるようですが、どうしても日本製の商品で満足できないのであれば試しに使ってみるものいいでしょう。

 

小学校中学年にもなると体臭ケアを学校で教えてもらうようになります。各家庭にもデオドラントを始めるようにというお知らせ通知が来るようになるとのこと。

日本ではハンカチやティッシュをちゃんと持っているかどうかのチェックをしたりしますが、アメリカではデオドラントをしているかどうかのチェックがあるところもあります。

ほぼ全ての人がワキガ持ちだというのに、その臭いを平気に振りまくのは絶対にNGだそうで、朝はしっかりとシャワーを浴びてからデオドラントをし、香水をつけるなど、臭いエチケットに対しての意識はすごく高いそうです。