気になる!乳輪周りの脱毛はどうすればいいの?

わきが豆知識

チチガ(乳輪ワキガ)とは乳輪に発生するワキガのことで、胸周辺や乳輪、乳首などからワキガに似た臭いが発生することを言います。

ワキガの臭いの元となるアポクリン腺から分泌される汗が皮膚にある細菌によって分解されることで強い臭いが発生します。そしてこのアポクリン腺は、胸や乳輪周辺にも存在しているのです。

アポクリン腺はホルモンと強い繋がりがあるため、妊娠や出産によるホルモンの変化によって臭いが気になりだすこともあります。

実は乳輪の脱毛が乳輪ワキガを改善することもあるのです。脱毛することで、臭いの原因を作る雑菌が毛根部で繁殖することを防ぐことができるためです。

しかし脱毛も、毛根をなくさないと意味がありません。

 

乳輪周りの自己処理の誤った方法

カミソリで剃る

皮膚の表面が傷ついてしまうため、カサつきや黒ずみ、肌トラブルの元になります

毛抜きで抜く

自己処理で単に毛を抜くだけでは毛穴がポッカリと空いた状態になり、そこに雑菌が繁殖する恐れが。そして毛がない分、臭いが酷くなって悪化することも考えられます。

除毛クリームの使用

乳輪周りはとてもデリケートです。刺激が強い除毛クリームの使用はおすすめできません。

 

このように、セルフケアが間違っているとかえって臭いがひどくなったり肌トラブルになる可能性もあるので十分注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました