ワキガとストレスの関係

わきが豆知識

ストレスが溜まると、脇の汗が大量に出たり、べたついたりすることがないですか?

実は、ストレスが溜まってくると自律神経の働きで、動きが弱かったアポクリン腺の働きが活発になり大量の汗がでる場合があります。しかもストレスを感じているときには、ドロっとした、濃い汗が分泌されることが多いのです。アポクリン線から出る汗は、脂質などの雑菌が繁殖しやすい汗で、ストレスによって大量の汗が出ることにより、雑菌が増え一気にワキガ臭が拡がるのです。さらに悪いことに脂肪腺の汗も雑菌の餌になる成分です。

脂肪腺からは、脂質を多く含んだ汗がストレスを感じた時に出ることが多く、性的刺激や緊張などによって動きが活発になります。

その結果ワキガ臭の原因の汗が大量にでてニオイをいつも以上に発生させていたというワケです。
さらに緊張するとエクリン腺も活発になって汗が出てきます。

ワキガの人以外も同じように汗は出るのですが、ワキガ体質の場合、その汗とアポクリン腺から出たニオイの原因の汗が混じってより広範囲にニオイを発生させるので、緊張するような場面ではワキガ臭はかなりきつくなります。

 

自律神経の働きが正常化したり、ホルモンバランスが良くなることでアポクリン腺からニオイの原因になる成分や汗が分泌されなくなる、少なくなることはありますから完璧にストレスをなくせれば緩和する可能性は十分にあります。

ただし、集団の中で生活している限りストレスを完全になくすというのは難しいのが現実。
仕事をしたり、家庭の中で生活している限り、ストレスをなくすことは不可能だと思います。

中々ストレスだけを完全に排除することは難しいので、ストレスを極力緩和することと、それ以外のワキガの原因になっていることを改善することでワキガ臭を抑えていくというのが良いと思います。