ワキガ対策にはどのような石鹸がいい?

わきが豆知識

ワキガは脇下部にあるアポクリン腺から出る分泌物を様々な細菌が分解することによって発生する臭いが原因のひとつと言われています。しかし、汗だけではなく菌の繁殖によって臭いをもたらすため、毎日の洗浄で肌を清潔に保つことが大切です。

肌には善玉菌と悪玉菌が存在します。この悪玉菌が臭いのもとになります。ワキガ体質の方は、悪玉菌が優位になりがちです。細菌は、数が多い方が勢力を伸ばします。善玉菌がいかに住みやすく、数を増やせるような環境を作ることができるかがポイントとなります。

そのため、弱酸性の石鹸を選ぶことをおすすめします。

悪玉菌をはじめ細菌の多くは、アルカリ性の環境を好みます。反対に善玉菌は肌を弱酸性にして、肌を守ろうとしています。“肌が弱酸性”と言われるのは、善玉菌の働きによるものです。弱酸性の石けんを使うことは、悪玉菌の増殖や侵入を抑えるのに有効であり、殺菌効果も期待できます。

 

しかし、絶対にやめていただきたいのがゴシゴシこすること!

汗や臭いが気になるとついつい強い力でこすってしまいがちですが、これはかえって臭いを悪化させてしまう可能性があります。ゴシゴシ洗うことで善玉菌が増殖しづらくなってしまうからです。ですから、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました