どうしてワキガ手術は効果が悪いのか?ワキガ手術を受けてはいけない理由

わきがの治療法

-shared-img-thumb-14121438_TP_V

 

ワキガ手術が効果が悪い理由

 

ワキガ手術が可能な範囲

 

手術は腋の皮膚をはがし、裏側から汗や臭いを出す汗腺を削り取ります。選択性が無く、正常皮膚まで大きなダメージを与える乱暴な治療法です。皮膚が壊死を起こすリスクも少なくありません。

手術の最も大きな欠点は、汗や臭いの汗腺を一部しか除去できない点です。

 

手術を受けられ傷痕だけが残り、効果が無いため再治療を希望される患者様が後を絶ちません。美容外科だから傷跡もキレイになるということはありえません。外来で行うためリスクは高くなるのです。

 

保険が効くを謳い文句に患者様を集客されているクリニックもありますが、外来で行うべき手術ではないので保険で行うのであれば入院施設の整った医療機関で受けることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました