ワキガと多汗症の違いとは?

わきがQ&A

この二つの決定的な違いは、臭いか汗かです。
ワキガというのは独特の嫌な臭いが出てしまうことを指し、多汗症は汗がたくさん出てしまう症状のことを言います。
また、脇の汗の量が多くても、暑い時に汗をかいているだけなら、多汗症ではありません。
仮に多汗症だとしても、ワキガとは汗の質が異なるので、多汗症の汗は臭わないのです。

 

ワキガは臭いがポイント

ワキガの最大の特徴は臭いです。
ワキガの原因は、アポクリン腺という汗腺から出てくる物質と皮膚にいる常在菌で、常在菌が汗に含まれている臭いの元になる成分を分解することで臭いを発生させています。
普通の汗であれば、いくら常在菌がいてもわきが臭にはなりません。アポクリン腺という特殊な汗腺を生まれ持った体質の人だけが、ワキガになってしまうのです。

また、このワキガ臭は汗が出ていても出ていなくても発生するものなので、汗とは全く関係が無く、ワキガ臭がするかどうか、これだけでワキガかどうかが決まるというわけです。

 

多汗症は汗の量がポイント

多汗症は、エクリン腺からの汗が大量に分泌されるだけで、この汗には臭いはありません。
ワキガのようにアポクリン腺からの汗は分泌されないのです。
また誰でも脇に汗はかくので、量が異常に出る場合のみ多汗症という言葉を使います。
ただ、どの程度というのは難しく、汗っかきと多汗症は紙一重です
暑いときに汗をかくのは正常ですが、その量が異常(服の脇の部分が常にびしょびしょになるとか)、暑くもないのに大量の脇汗が出てくる、という場合は多汗症と言えると思います。
原因はいくつかあるのですが、ほとんどは精神的なことが要因です。
精神性発汗などともいわれ、誰でもなる可能性があります。

多汗症の人がワキガだと思い込んでいたのですが、クリニックで診てもらったら、実はただ汗臭いだけだった。というケースもあります。
そもそも、ワキガは多汗症とは関係なく遺伝するものです。