わきが治療で最も有効で効果が永久的な治療法を教えて下さい。

わきがQ&A

-shared-img-thumb-E146_goodjobishi_TP_V

 

世界中で行われているわきが・多汗症治療で最も有効性が高く永久的効果が確実に見込める治療法は、EL(電気分解)法だけと断言できます。
理由は、汗や臭い黄じみの原因であるエックリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺を一つづつピンポイントで破壊する治療法だからです。確実に広範囲に臭いや汗の原因の汗腺が破壊できます。

EL法は施術後つっぱり感や違和感は生じますが痛みはほとんど感じません。

治療直後から大きな効果を実感できるEL法!

汗、臭い、黄ばみを確実に減少させる治療法です。

新しい高周波エネルギーで確実に、1:アポクリン汗腺(ニオイの元)、2:エックリン汗腺(汗の元)、3:皮脂腺(黄じみの元)を破壊するEL(Electrolysis)法です。汗の原因であるエックリン腺を、高周波の熱エネルギーで破壊することにより安全に汗を減少させ、多汗症を治療できます。汗、臭い、黄ばみを確実に減少させる方法です。乳輪ワキガの臭いにも対応できます。

EL(Electrolysis) 法は、わきが・多汗症治療にとって手術よりも身体に負担の少ない治療です。この治療が普及しない理由として、治療技術の習得が極めて困難であり、特殊な 機器の購入が必要な点、施術に手間と時間がかかり、医療機関の収益が見込めない点があります。

 

お子様のわきが治療にはEL法が最適です!

第二次性徴とともにわきがの原因であるアポクリン腺が10-12歳ころから急速に発達しま す。子供の腋臭は、女子で10歳頃(小学生高学年)より男子で12、3歳頃(中学生)より発症して特に臭いが気になるようになってきます。服やシャツに黄 色のシミができることもあります。

家庭生活では問題が無くても、学校生活では臭いは問題になりやすいため、いじめなどの原因となることもあるようです。このため、極端に対人関係が問題になったり体育など拒否したり、不登校になってしまった子供もおられます。

https://wakiga-labo.net/treatment/wakiga-el/

 

https://wakiga-labo.net/wakiga/wakiga-child/