相手を傷付けないよう上手くワキガと指摘するには?

わきが豆知識

大切な人にワキガであることを伝えたほうが良いのか。また、伝えるのであればどう伝えたら良いのか悩んでいる人は多いはずです。

きちんと伝えて一緒に改善していくことで、お互いの絆が深まったという人も少なくありません。本人にワキガであることを上手に伝えて、一緒に対策をしていきましょう。

人にワキガであることを伝えるためには、まず本人に自覚があるのかどうかを確認しなければいけません。

嗅覚は人の五感の中でも順応しやすい器官なので、特に自分の臭いには鈍感になりがちです。本人が自分の臭いについて自覚しているかどうかによって、その後にとるべき対応は異なってきます。

ただしデリケートな問題なので、確認をする際は「自分がワキガだってことに気付いてる?」とストレートにデリカシーのない聞き方をするのは絶対NGです。間接的にかつ自然な流れで確認しましょう。

 

ワキガについての確認方法

ワキガに関する情報を伝えてみる

「ワキガの人は耳垢が湿っているらしいんだよ。」「ワキガの人ってほとんど自覚症状がないらしいね。」といったように、ワキガに関する情報を伝えてみます。

もし自覚があれば「そうなんだよね。実は、、、」とワキガで悩んでいることを切り出してくれるかもしれません。

 

臭いに関する悩みを打ち明けてみる

「暑い時期になると臭いが気になって、汗ふきシートと制汗剤が欠かせないんだよね」と、自分も臭いについて悩んでいると打ち明けてみましょう。「自分もなんだよね」と返事をする場合は自覚がありますし、「別に気にならない」と返事をするなら自覚がない可能性が高いです。

 

ワキガについて自覚があった場合

本人がワキガであることを自覚している場合、「一緒に改善していこう」という姿勢をみせてあげましょう。相手のことを突き放すことなく、共に治していこうという意思を伝えてみてください。
例えば、ワキガの対策方法を調べて教えるなど、親身になってアドバイスをしましょう。

また「私も臭いをすごく気にしているんだけど、このクリーム良かったよ! 良かったら使ってみる?」と同じ立場で話すことで共感を呼ぶ方法もあります。

ワキガを自覚しているケースでは、誰にも相談できず悩んでいるケースが多いと言えます。大切な人に打ち明けることで本人も楽になりやすいので、相手を支えてあげるつもりでしっかりと受け止めてあげましょう。

 

ワキガについて自覚がなかった場合の伝え方

本人がワキガであることを自覚していない場合、臭い対策をしていないことが多いので、放っておくと周りの人から敬遠されたり、傷つくような言葉を投げかけられたりするかもしれません。大切な人が傷つくことがないように、自分から伝えてあげましょう。

本人に伝える際は、「実はワキの臭い対策をしてるんだけど、一緒にやってみない?」と聞いてみたり、デオドラントスプレーや消臭クリームをプレゼントしたりする方法があります。

しかし、あまりにも遠回しに伝えるだけでは、本人にワキガであることを自覚してもらえないこともあるので、その場合は直接的に伝えてあげるのが本人のためかもしれません。
その際に大切なのは、一緒に改善策や対策を真剣に考えることです。本人を拒絶したり否定したりする意図はなく、応援する気持ちがあるということを伝えてあげてください。

 

ワキガは生まれ持った体質なので、好きでなっている人はいません。

どんな指摘方法でも、指摘をするという一瞬の行為がその後の関係にしこりを残してしまう可能性があります。
その可能性を踏まえた上で「臭い対策をして欲しい」と思うのであれば、できるだけ真摯に伝えましょう