ワキガ手術後の粉瘤

わきがの治療法

粉瘤の原因は、表皮が袋状になって中に垢や皮脂などが溜まることです。

ワキガ手術を受けて、数ヶ月してから起こる可能性があります。早めに圧出などの処置をすると治ることもありますが、放置すると徐々に大きくなり手術が必要になります。さらに放置すると化膿して膿瘍を作ることもあります。これは汗腺をきちんと取れば取るほどできやすくなります。

炎症を伴わないケースが有るため、知らないうちに急激に大きくなっていたというケースもあります。

 

粉瘤の特徴の一つにあげられるのが、黒い開口部です。
皮膚の表面に小さな黒い穴ができることがあります。これは粉瘤の開口部であり、ここから細菌が入って炎症を起こす危険性があります。

初期の段階ではニキビと勘違いしてしまうこともありますが、粉瘤は放置していても自然治癒はしませんので必ず病院で処置を受ける必要があります。