わきがと入浴の関係性は?

わきが豆知識

わきが体質の方で汗や臭いが気になり、朝と夜にシャワーを浴びている方も多いのではないでしょうか??

身体を清潔に保つことが大切なのはご存知だと思いますが、このシャワーが実はわきが臭を悪化させているかもしれないのです。
わきが体質の方で一番避けていただきたいのが、湯船に浸からずに入浴を済ませてしまうことです。わきが体質の方は、自ら汗をかくことを避けてしまう事が多く、湯船につかるという行動も風呂あがりには汗をかくので極力湯船につからず、シャワーのみで身体を洗い身体を清潔に保とうとします。
シャワーを浴びボディーソープなどで身体を洗えば清潔に保てると思いがちですが、この入浴方法だと肌の表面の汚れを落とすことは可能ですが、汗腺に詰まった油脂や古い角質などは身体から洗い落とすことが難しいのです。
汗腺に油脂や古い角質が残ったままだと、わきが臭の原因になる雑菌類はその油脂などによってわきが臭を今まで以上に発生させる恐れがあります。
わきが体質の方は夜にしっかりと湯船につかり身体を温め汗腺などを1度開いてから体を洗うようにしましょう。
汗腺を開くことにより詰まっていた油脂なども取り除くことが出来、わきが臭を軽減させることが可能となってきます。

 

 

より効果的な入浴にするために今大人気のホットタブの使用をおすすめします!

重炭酸イオンは直接血管に吸収され血流を高め身体を温めてくれます。更に活性重炭酸イオンにより、肌や髪の表面の必要な保湿成分は残したまま、脂汚れやミネラル汚れだけを取る事ができます。ミネラル汚れを取ると、体臭や加齢臭の軽減につながります。

 

タイトルとURLをコピーしました