電気凝固法の治療機器に関して

わきがの治療法

電気凝固法と称して エステの脱毛機器を使用して格安を売りに治療を行っている医療機関が都内に存在します。

事務長がワキガ治療を行っていることをアフリエーターから紹介されていました使用している治療機器?はなんとエステ用の脱毛器でした。

ワキガ・多汗症治療機器ではありませんし、医療機器でもありません。

ヤフオクにも出品されていますこの治療器?は医療機器とはとても比較できない治療には絶対に使えません。

 

医療機器のように安全性や有効性、実績はなく医学的観点から考慮してもこの機器での治療効果はまず期待できません。

安全性が担保されていない格安の機器を使用して医療行為を行うことは許されないことです。

もしこのエステ用の脱毛器を使用して治療を行っていれば、治療効果は期待できないどころか生体へ大きなリスクもあり大問題です。

高周波発生のための過電流が流れたり皮膚の熱傷が発生したりトラブルの可能性が大きくなります。

この機器で使用する針は 本来の電気凝固法で使用する針の40分の1ほどの価格です。医療としての安全性や衛生面は一切配慮されていません。

大幅に格安なエステの脱毛機器で格安な劣化しやすい質の悪い針を使用して電気凝固法を実施しているようです。

エステ脱毛器はワキガ・多汗症の治療機器として想定されて製造されているわけではなく勝手に治療器として使用すれば患者様には大変なリスクが伴う恐れがあります。

格安でメンテナンスも不明確なエステ脱毛器を使用して医療行為を行う医師はまずいないと考えられます。 

ワキガ・多汗症治療は医療行為でありエステの脱毛ではありません。 

電気凝固法は医療機器販売法人が医療機器として販売して人体を対象に治療目的で開発されたシステムで安全性や有効性や理論をベースに実施されます。

*さかえクリニックで行っているEL法と東京都内で類似電気凝固法を行っている医療機関とは一切関係ありません。